2022.06.27

MODEROID イカルガ

こんにちは。ご無沙汰しております。
年々プラモの製作ペースが落ちている気がしています。

今回はグッドスマイルカンパニーのMODEROIDを初めて作りました。
バンダイやコトブキヤとも違った、結構マニアックというか珍しい作品のプラモデルが多くて良いですね。

ナイツ&マジックは流行りの異世界転生モノですが、主人公のロボ好き&プラモ好きってところに共感できるので面白かったです。

というわけで、MODEROIDのイカルガを作ったお話です。


仮組み&加工

本体の色分けは結構頑張ってて、ほぼ完璧。
残念なのは武器とサブアームでこれらはほぼ単色なのでマスキングで色分けが必須です。
デカールでの対応もないので、そのままだと見栄えが悪いですね。


首のジョイントが独特で可動域が狭かったです。

上が改修前、下が改修後です。
改修後の方が可動域が広がったのがわかるかと思います。

結構下を見下ろせるようになりました。
空飛ぶ幻晶騎士(シルエットナイト)なので絶対見下ろしますしね。


下半身にゴルフ用の鉛シールを仕込んで重くしました。
上半身に重量物が集中しているので、バランスを取るために下も重い方がしっかり立てて安定します。


各関節の後ハメ加工です。

特にサブアームは構造上後ハメしないとマスキングが面倒です。


サクサクっとサーフェイサー状態です。


サクサクっと塗装後です。

余談ですが、MODEROIDの説明書にはカラーレシピが載っていませんでした。
作例の色もあまり好みじゃなかったので目分量で色を作りました。

あと、デカールの質が悪いなと思っていました。
お高いキットの割には分厚いし余白が大きいのでかなり目立ちます。
なんで水転写シールじゃないのかと思っていたら別売りされていました…。
別売りするなら説明書に書いておいてほしかったです…。


完成

かっこいいですね。
遠目で見ればデカールの段差は気になりませんが、光の当たり方次第で見えてしまうのがやはり気になります。


執月之手(ラーフフィスト)
銃装剣(ソーデッドカノン)

武器はシンプルに剣4本だけなんですが、残念なのが持ちてと柄が一体化されたパーツしか無いこと。
騎士によくある「剣を前に刺して両手で上から添える」ポーズができないです。

展開できます

銃モードにもなりますが、砲身があるわけでもないのでそこまで見栄えしません。


もちろんサブアームでも武器の保持は可能です。

握り拳以外にも色気のある手が付属します。

アクションスタンド用のジョイント穴もあるので色々なポーズを取れます。


女皇之冠(クイーンズコロネット)
皇之心臓(ベヘモス・ハート)


というわけで、MODEROID イカルガでした。

気付かなかったほうが悪いんですが、デカール問題だけは失敗しました…。なんで作例のデカールがあんなにきれいなのかもっと疑えばよかったです…。

キットの出来栄えは可もなく不可もなくといった感じです。
コトブキヤみたいに痛いほどに尖ったパーツ等がないので案外組みやすいです。

強いてあげるなら価格が高い。
これは今のご時世どのプラモにも言えますけどね。

とはいえ、ガンプラに飽きたおじさんにとってMODEROIDのマニアックなラインナップは魅力なので、このまま突き進んでもらいたいです。

ではでは。