2022.03.21

【プラモ撮影】iPhone13 proとPixel5のカメラ画質を比較

こんにちは。

毎回プラモデルを撮影するたびにデジカメの設定をいじるのが面倒だなと思っていたので、お手軽綺麗に撮影するためにiPhone13 proを購入ました。

せっかくなので今まで使っていたPixel5とカメラの画質を比較してみました。

ちなみに今まで使っていたデジカメは「FUJIFILM X10」です。


撮影条件

・どちらもオートモードで撮影

・三脚は使わずに手持ち撮影

・カメラの色補正は無し

通常撮影
ブラックライト撮影

3式機龍

まずは前回作った「3式機龍」で比較します。

ブラックライトを使うので暗所撮影が重要です。

通常

Pixel5
iPhone13 pro

正直どちらも綺麗ですが、iPhone13 proは意外と黄色っぽく見えるので、色味はPixel5の方が目で見た感じに近いです。

200%拡大(上がiPhone13 pro、下がPixel5)

拡大すると若干iPhone13 proの方がエッジがしっかり出ている気がします。


ブラックライト

Pixel5
iPhone13 pro

ブラックライトでの暗所撮影だとiPhone13 proの方が目で見た感じに近いです。

Pixel5は結構補正を盛りますね。スマホの画面で見ると映えて綺麗ですけどね。

上がiPhone13 pro、下がPixel5

比較するとPixel5は若干ぼやけてますね。iPhone13 proはのっぺりしています。

200%拡大(上がiPhone13 pro、下がPixel5)

200%拡大だとどちらも綺麗には感じません。


ユニコーンガンダム3号機 フェネクス

同じくブラックライトを使ったユニコーンガンダム3号機 フェネクスでも比較します。

Pixel5
iPhone13 pro

これは個人的にPixel5の補正がいい感じに効いていて好みです。

肉眼に近いのはiPhone13 proですが、黄色のプラモなのでPixel5の暖色系補正と相性が良いと感じます。

上がiPhone13 pro、下がPixel5
200%拡大(上がiPhone13 pro、下がPixel5)

寄せて比較した印象は3式機龍と同じです。

iPhone13 proはのっぺりして、Pixel5はぼやけています。


ガンバスター

今度は黒色無双で黒を背景と完全に同化させる見せ方で作ったガンバスターです。

通常光源で撮影しています。

Pixel5
iPhone13 pro

Pixel5の方が赤みが強いですね。iPhone13 proの方が肉眼に近いです。

ただ、どちらも綺麗なので好みの問題かもしれません。

上がiPhone13 pro、下がPixel5
200%拡大(上がiPhone13 pro、下がPixel5)

寄せての比較も上2つを同じ印象です。


Figure-riseLABO ホシノ・フミナ

今度は通常光源で3倍ズーム撮影しています。

Pixel5
iPhone13 pro

ズーム撮影だとiPhone13 proの方が背景も含めてかなり綺麗でした。

Pixel5はズームにすると背景のホコリがかなり目立ってしまいます。

上がiPhone13 pro、下がPixel5
200%拡大(上がiPhone13 pro、下がPixel5)

寄せて比較してもiPhone13 proが綺麗です。被写体との相性もあると思いますが、のっぺりした印象もあまり感じません。発色も良く感じます。

Pixel5はやはりぼやけていますし、発色が少し悪いです。

ズーム撮影ではカメラレンズの性能差がはっきり出るのかなといった印象です。流石にでかいレンズを搭載しているiPhone13 proが有利でしょうね。


以上、iPhone13 proとPixel5のカメラ画質比較でした。

とにかくデジカメだと色味調整と狙った箇所にピントを合わせるのが大変だったので、スマホだと撮影が本当に楽です。手ブレ補正が抜群で普通に撮ればほぼピンぼけしませんしね。

デジカメの性能が悪いのではなく、使いこなせない自分が悪いんですが、作ったあと撮影するのが億劫だったので…。

どちらも綺麗に取れますが、やはりレンズの性能が良いiPhone13 proの方で撮影すると思います。

特にズーム撮影の綺麗さは素晴らしいです。

ではでは。