2020.02.14 / 2016.09.01

【GBWC2016】超新世大将軍・神馬凰 -制作編-

GBWC2016に応募するために、昔のBB戦士の新世大将軍を作りました。

今にも動き出しそう!」をテーマに、新世大将軍の最大の特徴である神馬凰形態を、最高にかっこよくすることだけを追求しました。

完成編はこちら



仮組み

20年前のキットなので精度は流石に厳しいものがありますが、パッケージ絵は今見ても最高にかっこいいです。


プロポーションを大改修

かなりの箇所を改修しました。

  • 顔のマスクはパテで造形
  • 下半身はほぼプラ板でスクラッチ
  • 兜の羽?もスクラッチ
  • 腕はHGのジャンクパーツを流用
  • 神馬凰の下半身もスクラッチ

神馬凰形態のプロポーションの変更が一番大きな改修箇所です。
接続箇所も背中から股関節に変えたので、より馬よりの見た目になっています。

最終的にこんなプロポーションになりました。
だいぶ手足が伸びて今時な感じがします。


土台を作る

跳ね馬のポーズ固定で作っています

土台は盆栽用の植木鉢にスチレンボードと発泡スチロールで作りました。

イマージはお城の石垣です。
ベースの黒を塗ってから、アクリル絵の具とかでちまちま石っぽく塗装しました。


旗は手書きです 左はボツ案
カーブが多いのでマスキングが大変な羽

最高にかっこいいアングル

以上、新世大将軍 制作編でした。

思い出の中にある新世大将軍のパッケージ絵をずっとかっこいいのを覚えていて、次のGBWCはSDガンダムにしようと決めました。

LEGEND BBとサイズが違いすぎるので、改修する場合はスクラッチの箇所が多くて色々勉強になりました。

完成編はこちら